sieve.el

sieve.el で検索してるのに

次の検索結果を表示しています: sieve.jp

とか抜かす Google は滅びろ、割とマジで。

OS X Server から GPLv3 な RoundCube が無くなったので、サーバー側でメール振り分けを行う Sieve のルール修正が出来なくなってしまったので(いや頑張ればできるけど)どうしたもんかなー、と悩んでたのですが、実は Emacs にはかなり前から Manage Sieve Protocol を喋れる sieve.el が付属している(というか gnus の一部みたい)らしく、それを使えばすべて解決、ということで試してみました。

と言っても Emacs 付属なだけあって使い方はとっても簡単(Texinfoのページの少なさといったら!)

  1. M-x sieve-mode
  2. C-c RET
  3. メールサーバー名を入力
  4. ユーザー名を入力
  5. パスワードを入力

…なんだけど、パスワードを入れても SASL のエラーが出て入れない。サーバー側のログ(/Library/Logs/Mail/mailaccess.log)を見てみると

Aug  1 23:45:01 flora.hyrule.jp log[28337]: managesieve-login: Disconnected: Inactivity (auth failed, 1 attempts): user=<goro>, method=DIGEST-MD5, rip=127.0.0.1, lip=127.0.0.1, secured

と…。

え!? IMAP で MD5 使えてるのにエラーになんの!? と思ってもうちょっと調べたら IMAP のログはこんな感じ

Aug  1 23:45:04 flora.hyrule.jp log[28337]: imap-login: Login: user=<goro>, method=CRAM-MD5, rip=127.0.0.1, lip=127.0.0.1, mpid=89682, secured

ということで、どうも CRAM-MD5 なら問題ないけど DIGEST-MD5 だとユーザーを見つけられないみたい?

sieve-manage.el には

(defcustom sieve-manage-authenticators '(digest-md5
					 cram-md5
					 scram-md5
					 ntlm
					 plain
					 login)
  "Priority of authenticators to consider when authenticating to server."
  :group 'sieve-manage)

という具合に DIGEST-MD5 も CRAM-MD5 も喋れるっぽく定義されてるので適切な変数をセットすれば最初っから CRAM-MD5 での認証を試みる気がするんだけど、ぱっとみた限りじゃ指定の方法がわかんないんだよねー(弱)。ま、上手くユーザーを見つけられない認証方式を有効化してても無駄なので、 Dovecot 側でなんとかすることにしました。
Dovecot の設定は OS X Server では

 /Library/Server/Mail/Config/dovecot/dovecot.conf

ですが、認証部分はここではなく

 /Library/Server/Mail/Config/dovecot/conf.d/10-auth.conf

で指定します。そのまんまなので間違いようがないとは思いますが下記のように digest-md5 を消しちゃいます。

---auth_mechanisms = cram-md5 x-plain-submit digest-md5 gssapi
+++auth_mechanisms = cram-md5 x-plain-submit gssapi

それが終わったら dovecot の再起動ですが、 Server.app 様を利用して停止 -> 開始とするのが一番間違いがないような、あるような…。
ということで再起動終了後に sieve-mode に入ってサーバー指定をしたところ、目出度くサーバー側に保存してあるレシピが編集できるようになりました!

ちなみにレシピを弄ったあとに、いつものように C-x C-s するとローカルに保存されちゃうだけなので、 C-x C-l でアップロードしないと不幸になります。あんまり使わないキーバインドで違和感がありますが、注意するのはそれぐらい? 最初からレシピを書くのはちょっと面倒なので、 RoundCube を自前で入れたほうが便利は便利でしょうねぇ。というか Mail.app にこの機能(サーバー側のメール振り分け機能ね)を付けてもバチはあたらないと思うんだけどなー。まぁ、 Mail.app 的には振り分けしないで検索しろよ、という設計だろうからつく見込みはないかもですが。

2 thoughts on “sieve.el

  1. 千秋

    「もしかして: sieve.jp」とは出るけど、いまはこの記事がgoogle様のトップだよ(笑)

  2. ごろ~ 投稿作成者

    mjd! と思って試したら Google にログインしてない Firefox だとこのエントリがトップ、 Google にログインしてる Chrome だと sieve.jp の検索結果を表示、となってました。うーむ。

コメントを残す