LEGO Dimensions

ゲーム開始前の初っ端のムービーでいきなり「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え(The Answer to the Ultimate Question of Life, the Universe, and Everything)」が表示されるあたり LEGO ゲーム史上最高の SF 作であることは疑う余地がない LEGO Dimensions を米国 amazon でうっかりクリックしたのでテキトーなレビューを。

ぶっちゃけると、届くまでは組み立てた LEGO がそのままスマホ内のアプリに反映されるってゆー LEGO Fusion とごっちゃになってたんですが(笑)、 Dimensions はゲーム本体と NFC が内蔵された Toy Tag と、その読み込みに必要な Toy Pad がセットになっている STARTER PACK を買うと一通り遊べて、 LEVEL PACK, TEAM PACK, FUN PACK を買い足すと、キャラが増えたりステージが増えて楽しめるってゆー、最近流行りというか Desiny Infinity のパクりフォロワーでした。もちろん LEGO なので、 Disney Infinity や amiibo みたいに NFC タグが台座に埋め込まれてるフィギュアじゃなくて、 NFC タグが埋め込まれてる台座(Toy Tag)と minifigure / vehicle / gadget のセットですが。

ゲーム自体は Toy Pad を使う部分以外は、バグで止まるとか戦闘が単調って欠点も含めていつものレゴゲーだけど、LEGO CITY や LEGO Marvel Super Heroes みたいなオープンワールドではないので、それを期待しちゃうとがっかりしちゃうかも。とは言えある程度進めると遊べる Adventure World はうちの長男さんが迷子になれる程度の広さを持ったマップになってるので、ここにミッションが付いてれば、と思わなくはないです(いやミッションついてるんだけど)。あと LEGO Movie の Adventure World は本家 LEGO Movie the Video Game よりよっぽど映画の世界を再現してるマップなので LEGO Movie the Video Game にがっかりした人は遊んでみる価値はあるかも。

Xbox 1_5_2016 22_12_53
雲の上の宮殿から LEGO Movie の世界を眺める図

というか、絶対必要な STARTER PACK 付属のミニフィグがバットマン、ガンダルフ、ワイルドガールって組み合わせで、かついろんな世界が舞台になってるので、 LEGO Movie 臭がプンプンしてるんですけどね。

Demensions が画期的なのは、付属の説明書には minifigure の組み立て方しか記載されていないってところ(分かりづらすぎて FAQ 送りにされてるけど(笑)。 vehicle や gadeget の組み立て方は minifigure を Toy Pad に初めて認識させたタイミングでゲーム内で表示されて、かつ、ゲーム内で vehicle や gadeget の変化/パワーアップが起きると、その都度説明書が表示されて、実物の vehicle や gadeget に反映させられるのです。これが新鮮で、実に LEGO っぽさを醸し出してるというか、本家 Disney Infinity を始めとするフィギュアと遊ぶゲームとの差別化に成功していると思いました。買って遊ぶまで全然伝わってこないのが難点だけど(笑)

Starter Pack のパッケージには WAVE 5 あたりまでの追加 PACK が記載されてて、 Doctor Who だの Portal だのと売る気あるのか疑問なラインアップが揃ってるんだけど、ゲームを進めてくとこれらの追加 PACK がうっかり欲しくなるあたり、よく出来てると言えるでしょう(実際 Doctor Who は我慢できずにクリックしてしまった(笑)

LEGO 公式の画像があったのでぺたり。チーマとニンジャゴー以外はおっさんホイホイという見方もあるか…

その反面チーマやニンジャゴーと言ったレゴオリジナルでそれなりに世界観が確立されてるシリーズの印象は薄いですね。あと残念なのは DC キャラは主役のバットマンを始めとして多数出てくるのに Marvel キャラは一切出てこない… Disney Infinty と思いっきりぶつかるから仕方ないんだろうけど。

ということでレゴゲー好きな人にはオススメしたいところだけど、まず間違いなく日本では売られないだろうから、輸入してまでではってゆービミョーな感じのゲーム…なんだけど、冒頭に書いた 42 とか、以下の動画に激しく反応する人は買って損はない、ような気がします。もちろん全編英語ですが、いつものように英語字幕は出せますので、それを追ってればなんとかなる、ようなならないような…。

というかこのステージのタイトルが All Your Bricks Are Belong To Us ってだけで頭おかしいのに、正式なランセンス取ってこんなステージを作る TT Games も、許可する LEGO もどうかしてると思います(絶賛)。

Xbox 1_3_2016 23_14_23

…もちろんパッケージに記載の “Over 20 Classic Arcade Games” に負けて Midway Retro Gamer Level Pack はクリック済みですよ、ええ。

配送はおなじみ i-Percel ですが、Black Friday の時に買ったせいか、 amazon.com から i-Percel への引き渡しにちょっと時間がかかり、日本についてからも通関手続きが終わってから配達終わるまでに 4 日かかるという謎な配送状況でした。

Event

Event Date

City

State / Province

Country Code

Delivered

12/12/2015 2:07:00 PM

JP

Out for delivery

12/9/2015 1:16:00 AM

JP

Completed customs clearance process

12/8/2015 5:53:00 PM

JP

Package arrived in the destination country and is awaiting release from the Customs clearing agency

12/6/2015 10:34:00 PM

JP

Exported i-Parcel and in transit to country of destination

12/4/2015 11:15:00 AM

Edison

US

Received at i-Parcel

12/3/2015 11:54:44 AM

Edison

US

Package details received electronically from Seller

12/1/2015 7:34:11 AM

…と、長くなったので PACK に特化したエントリは別に書く予定(書かないフラグ

「LEGO Dimensions」への1件のフィードバック

コメントを残す